情報メディア教育研究センターでは、皆さんの必携PCをより活用してもらえるよう、F3S (First Three Steps) 講習会を開催しています。 学生生活を送る上で有用なパソコンの使い方について、一つでも多く身につけてもらえるようさまざまな内容を準備していますので、 興味のあるものが見つかったら、ぜひ参加してください。

第21回 統計データ処理ツールを使ってみよう(R入門)

実験データや調査データなどを分析する際、最初に用いられるのは多くの場合Microsoft Excelです。しかし、Excelは統計データ分析の目的で作られていませんので、少し進んだ手法で分析しようとすると、機能不足となる局面が多くなってきます。

この講習会では、データ処理ツールの「R」を紹介します。「R」は、データの前処理から統計計算、結果のグラフィック表示に便利なように設計されています。Rにはたくさんの機能がありますが、ここでは、はじめての方を対象に以下の項目について講習します。とりあえず「Rに触れてみて、もっと使えるようになってみたいと思える」ことが目標です。

  1. Rの準備(RStudioのインストール)
  2. コマンドの投入と結果の表示
  3. Excelのデータの読み込み
  4. データの要約(平均や分散などの代表値の表示)
  5. データ全体の視覚的な確認(ヒストグラムや散布図の表示)
  6. いくつかの統計分析手法を使ってみる(グループ間の差の検定、線形回帰など)

当日は、各自のノートパソコンを持参してください。

  • 日時:2018年 1 月 24 日 (水) 12:50-14:20
  • 場所:西図書館3F情報化グループ学習室
  • 講師:隅谷孝洋(IMC)

終了した講習会... | 2016年度講習会